日本語用論学会

次の年次大会 (Annual Meeting)

 

 ※2022年9月25日更新

日本語用論学会第25回大会

The 25th Annual Meeting of Pragmatic Society of Japan

日本語用論学会第25回大会は、2022年秋に京都大学にて開催を予定しております。情報は随時このページとMLでお伝えいたします。

 

日本語用論学会第25回大会は、慎重に検討を重ねました結果、以下のように「Zoomオンライン〈リアルタイム方式〉」と「対面方式」を組み合わせて開催することに決定いたしました。詳細は、随時学会ウェブサイトやMLでお知らせいたします。

【2022年11月26日(土)_ Zoomオンライン〈リアルタイム方式〉のみ】
・研究発表(35件を予定)・総会・語用論茶寮
【2022年11月27日(日)_ 対面開催/Zoomオンライン〈リアルタイム方式〉】
・基調講演1・2、記念シンポジウム

※大会に参加するには、事前申込が必須となります。詳細は後日お知らせしますが、期間内に事前登録(参加費納入を含む)をお願いいたします。
※大会2日目は、オンラインでも、京都大学の会場でもご参加いただくことができます。対面方式での参加を希望される方は、事前申込時にその旨お知らせください。

 

日時 (Date) 

 2022年11月26日(土)・27日(日)

場所 (Venue) 

 Zoomオンライン/京都大学吉田キャンパス

参加費 (Fees)

 一般会員 1,000円  学生会員無料
 非会員は一般・学生とも1,000円

参加申込 (Registration)

 TBA

大会テーマ (Conference theme)

 語用論研究の温故知新

研究発表募集 (Call for Papers)

 研究発表の応募は、「研究発表募集要項」をご確認のうえ、学会ホームページの「マイページ」(会員専用ページ)から行ってください。投稿締切は、8月15日(月)です。

プログラム (Program)

 TBA(参考:昨年度の大会プログラム・発表要旨集こちら

TOP