日本語用論学会

バックナンバー目次

『語用論研究』第7号 (2005)

論文 1 西田 光一 恒常的状態を表す日本語動詞の語用論的分析 17 尾谷 昌則 接続詞ケドの手続き的意味 31 ボイクマン 総子・宇佐美 洋 友人間での謝罪時に用いられる語用論的方策―日本語母語話者と中国語母語話者の比較― 45 町田 章 日本語被害受身文の間接性と概念化―認知文法的アプローチ― 63 海寶 康臣 因果関係と言語表現―主語名詞句からの外置の場合― 75 中崎 崇 終助詞「ヨ」の機能に関する一考察 シンポジウム「ジェンダーと語用論」―記号論・エスノメソドロジー・批判的談話分析からの提言― 93 林 礼子 語用論研究におけるジェンダー 97 小倉 孝誠 近代フランスにおける「女らしさ」の規範と表象 109 中村 桃子 言語イデオロギーとしての「女ことば」 123 山崎 晶子・山崎 敬一 ジェンダーと会話分析―成員カテゴリー化装置としてのジェンダー― 135 佐竹 久仁子 「言語とジェンダー」研究からのコメント 書評論文 139 山崎 英一 Francois Recanati,Literal Meaning. 147 李 在鎬 本多 啓『アフォーダンスの認知意味論―生態心理学から見た文法現象』 海外の動向 165 堀 素子 『第9回国際語用論学会』 169 余 維 『第9回中国語用論シンポジウム』 その他 171 日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第6号 (2004)

論文 1 名嶋 義直 再考「しかし」の意味・機能 17 金井 薫 会話における認識的権威の交渉―終助詞「よ」、「ね」、驚き表示の分析を通して 29 内田 らら 「フレーム移行」と「包合性」―教員会議における話題と参与構造からの一考察― シンポジウム:「第2言語習得語用論」 45 伊藤 克敏 総括 47 関山 健治 第二言語習得語用論の潮流とこれからの英語教育 57 村田 和代 第2言語語用能力習得に与える影響と効果―ポジティブポライトネスの指導を通して― 71 高橋 里美 英語学習者の個人差と第2言語語用論 85 西光 義弘 文化心理学からのコメント 書評論文 89 鍋島 弘治朗 William Croft and D. Alan Cruse (2004)Cognitive Linguistics 107 黒宮 公彦 加藤重広 (2003) 『日本語修飾構造の語用論的研究 書評 115 冨永 英夫 西山佑司 (2003) 『日本語名詞句の意味論と語用論―指示的名詞句と非指示的名詞―』 海外の動向 123 林 宅男 海外における語用論の動向―ポライトネスとジェンダーの研究― その他 129 大会発表応募規定、 ワークショップ発表応募規程/日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第5号 (2003)

論文 1 彭 国躍 中国語の謝罪発話行為の研究―「道歉」のプロトタイプ― 17 名嶋 義直 ノダカラの意味・機能―語用論的観点からの考察― 31 若松 美記子・細田 由利 相互行為・文法・予測可能性―「ていうか」の分析を例にして― 45 西川 眞由美 Tautologyの考察―ad hoc概念の視点から 59 小林 正佳 スピーチアクトと丁寧表現に関する実証的社会語用論からの一考察 73 武内 道子 手続きの記号化:「やはり・やっぱり」の場合 シンポジウム:「語用論からの提言」―語用論から何が提言できるか― 85 高原 脩 概要 89 小泉 保 ジャッケンドフの概念意味論とラネカーの認知文法の伝達に関して 95 児玉 徳美 GCIをめぐって―新Grice学派と関連性理論の比較― 111 澤田 治美 モダリティーの多義性と単義性をめぐって―認知言語学的アプローチと関連性理論― 日本語用論学会第5回大会シンポジウム 125 東森 勲 「語用論からの提言」に対する認知と関連性理論からのコメント その他 137 大会発表応募規定、 ワークショップ発表応募規程/日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第4号 (2002)

論文 1 安原 和也 認知言語学と「なぞなぞ」研究 17 夫 明美・セナ クワンチラー タイ人日本語学習者による終助詞「けど」の使用について 33 Brigid Maher Natural Semantic Metalanguage Theory and Some Italian Speech Act Verbs シンポジウム 49 西山 佑司 「関連性理論との対話」―関連性理論は語用論の新しいモデルになりうるか― 55 今井 邦彦 真の語用論―関連性理論の切れ味 69 久保 進 言語行為論への招待―関連性理論からの批判に答えて 85 中村 芳久 認知言語学からみた関連性理論の問題点 書評論文 103 田中 廣明 Stephen C. Levinson (2000)Presumptive Meanings: The Theory of Generalized Conversational Implicature 書評 119 余 維 主編 陳治安 劉家栄 文旭 (2000) 『語用論:言語理解、社会文化と外国語教育』(第6回中国語用論シンポジウム論文集) 海外の動向 123 林 宅男 アメリカにおける語用論研究 (1)「カリフォルニア大学サンタバーバラ校」 その他 131 大会発表応募規定、 ワークショップ発表応募規程/日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第3号 (2001)

論文 1 名嶋 義直 「発見のノダ」再考 16 松岡 信哉 reallyの間投詞的用法―概念的/手続き的な意味の観点から 28 辻本 智子 談話における近接性―指示代名詞の選択における導管メタファーの影響 43 永山 友子 多人数参加者による会話の管理:フロア・スライディングにおけるトピックの交渉と参加者枠組み シンポジウム:プロフェッションと語用論―語用論はいかに「場」の行動を分析するか 58 高原 脩 はじめに 59 国広 哲弥 場面・視点・言語表現 71 大井 学 障害を持つ人との会話―重度知的障害、語用論、および言機能広汎性発達障害 86 樫村 志郎 法的トークの制度的特徴―法律相談場面の会話分析 書評 101 高司 正夫 Jacob L. Mey (2001)Pragmatics: An Introduction 海外の動向 109 草本 晶 ドイツにおける近年の語用論研究 117 高司 正夫 オーストラリアにおける語用論研究の動向 学会報告 124 余 維 第7回中国語用論シンポジウム その他 127 大会発表応募規定、 ワークショップ発表応募規程/日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第2号 (2000)

シンポジウム 1 山梨 正明 語用論のダイナミズム―21世紀への知の探求―語用論のダイナミズム 7 井上 逸兵 異文化コミュニケーションの研究と解釈的アプローチ 22 飯田 仁 動的な言語観と一語発話の言語運用 論文 35 杉山 桂子 叙述的な補文に現れる評価shouldについて 50 仲本 康一郎 アフォーダンスに基づく発話解釈―「行為の難易度」を表す形容詞文― 65 岡本 芳和 話法の伝達動詞と引用部の関係―語用論的アプローチ― 78 野村 忠央 If節における過去形の意味 93 井門 亮 分詞構文について―関連性理論の観点から― 108 岡本 雅史 アイロニー発話の解釈随意性が示唆する発話理解の認知的構造 海外の動向 124 東郷 雄二 フランスの語用論研究 132 大倉 美和子 スペイン・ラテンアメリカにおける語用論研究の概要 その他 143 大会発表応募規定/日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』創刊号 (1999)

1小泉 保発刊の辞 論文 2小泉 保川柳の語用論 15武田 勝昭ことわざによるトピックの要約 29阿部 佳子命令文の語用論 44宮澤 泰彦‘You may want to…’: 間接表現から「文法化へ」 59高橋 克也発話理解の推論モデルにとって発話行為論とは何か 74Tomoko I. SakitaManifestations of Speaker Attitudes in Conflict Stories 海外の動向 89高原 脩国際語用論会議に見る語用論の動向 101余 維中国における語用論研究の概要 その他 109趣意書/事務局便り/大会発表応募規定/日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

TOP