日本語用論学会

バックナンバー目次

『語用論研究』第19号 (2017)

※オンラインでの公開は、2020年3月を予定しています。 ※最新号は、以下のサイトからご購入頂けます。http://www.kaitakusha.co.jp/search/search.php?s=020404    

『語用論研究』第18号 (2016)

※オンラインでの公開は、2019年3月を予定しています。 ※最新号は、以下のサイトからご購入頂けます。http://www.kaitakusha.co.jp/search/search.php?s=020404 論文/Paper 1 堀内ふみ野: 空間から談話へ:前置詞の談話指示用法に関する認知言語学的考察 28  平田未季: 共同注意確立過程における話し手による指示詞の質的素性の選択 研究ノート/Research Note 48 三浦愛香: 学習者コーパスによる中間言語語用論分析:UAM CorpusTool Version 3.2を用いた要求の発話行為のケーススタディ 特別寄稿論文/Special Contribution 60 N. J. Enfield,  Pragmatics, Cognition, and Language in Action 会長就任講演/Presidential Lecture 78 加藤重広: 文脈の科学としての語用論―演繹的文脈と線条性 書評論文/Review Article 102  滝浦真人: 定延利之 『コミュニケーションへの言語的接近』

『語用論研究』第17号 (2015)

 論文/Paper 1 Satoshi Imamura,  The Effects of Givenness and Heaviness on VP-internal Scrambling and VP-external Scrambling in Japanese 17  玉地瑞穂: 日本語における伝聞証拠性のマーカーと「語彙的引用構造」の比較:通時語用論的観点から 研究ノート/Research Note 33 小松原哲太: 言葉遊びであることへのメタ言語的言及 特別寄稿論文/Special Contribution 42 Mira Ariel,  Higher-Level Category or Constructions: When Many is One 書評論文/Review Article 61  椎名美智: Jonathan Culpeper, Michael Haugh, Pragmatics and the English Language 70 西川眞由美: 今井邦彦 『言語理論としての語用論』 83 林 礼子: 名嶋義直・神田靖子(編) 『3.11原発事故後の公共メディアの言説を考える』

『語用論研究』第16号 (2014)

論文/Paper 1 柴崎礼土郎:直近のアメリカ英語史における the problem is (that) の分析 ―構文の談話基盤性を中心に―  (Reijirou Shibasaki: Explorations of the problem is (that) in American English: With Special Reference to Discourse Functions over the Past Couple of Decades) 20  Lars Larm: Modality Packaging in Japanese: The Encoding of Modal Meanings and Subjectivity 研究ノート/Research Note 47 西田光一: 日本語の自称語を使った広告から見た支出と発話の共通点  (Koichi Nishida: Notes on the Comparability of Expenditure and Utterance in Relation to Japanese Advertisement Featuring Self-Reference Terms) 57 市村葉子・堀江薫: 若者の自然会話における「の(φ)」の伝達的機能 ―男女間の使用差と「んだ(φ)」との機能分担に着目して―  (Yoko Ichimura and Kaoru Horie: The Communicative Functions of no (φ) in Natural Conversations among Young People: Focusing on the Differences in the Usage of no (φ) between Men and Women and the Functional Divisions of Labor with n da (φ) ) 書評論文 67  山岡政紀: 久保進(著)『言語行為と調整理論』  (Masaki Yamaoka: Speech Act and the Theory of Regulation by Susumu Kubo) 77 武内道子: 大津隆広(著)『発話解釈の語用論』  (Michiko Takeuchi: Pragmatics of Utterance Interpretation by Takahiro Otsu)  89 滝浦真人: 金水敏・高田博行・椎名美智(編)『歴史語用論の世界』  (Masato Takiura: Horizons of Historical Pragmatics: Grammaticalization, Politeness and Speech Act eds. by Satoshi Kinsui, Hiroyuki Takada, and Michi Shiina) その他/Miscellanea 101 日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第15号 (2013)

論文/Paper 1 澤田 淳: 視点、文脈と指標性 ―英語指示詞における聞き手への指標詞シフトの現象を中心に―  (Jun Sawada: Viewpoint, Context, and lndexicality: Indexical Shifting in the English Distal Demonstratives) 24 小笠原清香: 強意副詞の脱語量化とその後の展開:強意から迅速への意味変化  (Sayaka Ogasawara: Delexicalization and Relexicalization of Intensifiers: Their Semantic Development from Intensity to Rapidity) 特別講演/Special Lecture 42 Michael Rundell: Corpora, Dictionaries and Pragmatics: Challenges and Opportunities in the Age of E-Iexicography 会長講演/Presidential Lecture 57  Takuo Hayashi : The Effect of Conceptualization on the Pragmatic Meaning of Politeness その他/Miscellanea 79 日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第14号 (2012)

論文/Paper 1 堀田智子・堀江薫: 日本語学習者の「断り」行動におけるへッジの考察 ―中間言語語用論分析を通じて― (Tomoko Hotta and Kaoru Horie: Hedges in Refusals of Invitations by Japanese Learners: An lnterlanguage Pragmatic Analysis) 20 山本尚子: 日本語名詞句トート口ジー「AもAだ」の認知語用論的研究  (Naoko Yamamoto: A Cognitive Pragmatic Study of the Japanese Nominal Tautology A mo A da ) 研究ノート/Research Note 37 新井恭子: 災害情報伝達の問題を語用論の視点から考える ―関連性理論の枠組みを使った問題再検討例―  (Kyoko Arai: The Disaster Information Transmission Problems from the Pragmatics Perspectives : An Example of Applied Relevance Theory その他/Miscellanea 48 日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第13号 (2011)

論文/Paper 1 Anne Reboul: A Relevance-Theoretic Account of the Evolution of Implicit Communication 研究ノート/Research Note 20 小川典子: 談話標識としての指示表現「そりゃ」の機能について  (Noriko Ogawa: The Function of Referential “Soyra” as a Discourse Marker) ディスカッション/Discussion Note 32  児玉徳美: 言語分析への提言  (Tokumi Kodama: Some Proposals tor Pragmatics) 特別寄稿論文/Special Contribution 38  Malcolm Coulthard: The Linguist as Expert Witness 特別講演/Special Lecture 55 Elizabeth Closs Traugott: On the Function of Adverbs of Certainty Used at the Periphery of the Clause 海外における語用論研究の動向/Current Trends in Pragmatics Overseas 75  Hiroaki Tanaka: The Max Planck Institute for Psycholinguistics, Nijmegen, The Netherlands その他/Miscellanea 85 日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第12号 (2010)

論文 1 西川 眞由美 DM lookの手続き的意味 19 大西 美穂 前置詞句を伴う英語所有文のトピック構文的解釈 特別寄稿論文 37 Peter R. R. White Taking Bakhtin Seriously: Dialogic Effects in Written, Mass Communicative Discourse 特別講演 54 Hartmut Haberland Pragmatics as a Component vs. Pragmatics as a Perspective 69 Laurence R. Horn Implicature Revisited: Problems and Prospects in Neo-Gricean Pragmatics その他 95 日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第11号 (2009)

論文 1 澤田 淳 移動動詞「来る」の文法化と方向づけ機能-「場所ダイクシス」から「心理的ダイクシス」へ- 特別寄稿論文 21 Gabriele Kasper Locating Politeness in Interaction 特別講演 42 Deirdre Wilson Parallels and Differences in the Treatment of Metaphor in Relevance Theory and Cognitive Linguistics 会長講演 61 山梨 正明 認知語用論からみた文法・論理・レトリック 書評論文 89 加藤 重広 Mira Ariel,Pragmatics and Grammar 特別記事 108 澤田 治美・余 維 「日本語用論学会10年の歩み」 海外における語用論研究の動向 129 五十嵐 海理 「国際語用論学会 第11回(メルボルン)大会」 その他 133 日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第10号 (2008)(第10回記念世界大会特別号)目次

Conference Papers 1 Teun A. van Dijk Context Theory and the Foundation of Pragmatics 14 Jef Verschueren Context and Structure in a Theory of Pragmatics 25 Xinren Chen OR at the Semantic-Pragmatic Interface 38 Yumiko Ohara Trivialization, Generalization, and Semanticization in the Representation of Comfort Women Issues: The Case of Abe Shinzo, the Former Prime Minister of Japan 54 Scott Saft Some Linguistic Resources for Arguing, Japanese Style 71 Ziran He On Memes and Memetics in Language Special Contribution 83 Janet Holmes Gender, Leadership and Discourse in New Zealand Workplaces 102 Miscellanea

TOP